全身脱毛で美肌を目指す! › デメリット

全身脱毛のデメリット

東京にはファッションや最先端の流行であふれる刺激的な街です。そんな東京の街には、ご自身のキレイへの関心が高い女性が多く訪れる街でもあります。
そんな女性たちが今注目している、全身脱毛を受けられるエステティックサロンや、クリニックや病院などの医療機関が多くなってきました。
全身脱毛は、以前は金額が高く、一部の女性しか受けられない時代もありました。
しかし、現在ではかなり価格も安くなって手ごろに全身脱毛を受けられるようになってきています。
しかし、またその一方で、全身脱毛について、どんな方法でやるのか、痛みやデメリットはあるのか?という漠然とした不安から、全身脱毛を躊躇してしまう女性も少なくないでしょう。

そこで、ここでは、全身脱毛のメリットとデメリットの両方から正しい知識をご紹介します。
まず、今の脱毛の主流はレーザー脱毛です。痛みも少なく、手軽にできて人気があります。
レーザーを黒くて太い成長期の毛に照射することで脱毛をしていきます。
終わるとすぐに、冷却処理を行い、お肌の鎮静化をしていきます。
エステティックサロンや、クリニックなどの医療機関ではこうしたレーザー脱毛を行っているところが多いです。
主な違いは、クリニックは医療機関のため、医療機関にしか使用を許可されない出力の強いレーザー機器を使えるので、その分短期間の脱毛が可能です。

また、クリニックには医師や看護師がいるので、脱毛の悩みや痛みの相談ができたり、お薬を処方してもらえて安心感があるというメリットがあります。
レーザーを照射するデメリットについてですが、レーザーは黒いものに強く反応する特徴があります。
そのため、ホクロやシミなどに強く反応して、火傷などの炎症を起こすことがあるのです。
また、日焼けをしている方や、肌色が黒っぽい方は、事前のカウンセリングを十分に行う必要があります。
また、全身脱毛する際に、色素の濃い部位があるときにも、そのようなお肌トラブルを起こす恐れがありますので、十分気をつけましょう。

しかし、このようなデメリットは正しい知識をもっていれば、回避できますから、ご安心ください。
また、クリニックだと万が一痛みがある場合などに、医師に診察してもらえ、軟膏などの薬を処方してもらえて安心です。
ぜひ、今後の東京の全身脱毛サロン選びの参考にしてみてください。